本文へ移動

不動産登記

□ 不動産を売買するとき
    土地建物を売買したとき、売買による所有権移転登記をします。
    必要な書類     ・売買契約書

・権利証
・買主様の住民票
・実印等印鑑
・売主様の印鑑証明書(発行後3ヶ月以内のもの)
・不動産の固定資産評価証明書 などです。


     
□ 不動産を贈与するとき
    土地建物を贈与したとき、贈与による所有権移転登記をします。
    必要な書類     ・贈与証書

・権利証
・譲受人の住民票
・譲渡人の印鑑証明書(発行後3ヶ月以内のもの)
・不動産の固定資産評価証明書 などです。


     
□ 不動産を相続したとき
   →相続登記
     
住所を移転したり、結婚して氏名が変わったとき
   引っ越して住所が変わったり、氏名が変わった場合、所有権登記名義人表示変更登記をします。
   必要な書類     ・住民票

(ただし、登記簿上の住所から移転したことが明らかではない場合、
   戸籍の附票などが必要な場合があります。)
・戸籍等


     
□ 住宅ローンなど完済したとき
    ご自宅などに設定されていた、担保権を消すために(根)抵当権抹消登記をします。
    必要な書類     ・基本的に、借入れていた金融機関から抹消書類一式を受け取れます。
     
□ 銀行など住宅ローンの融資を受けるとき (社内融資)
    金銭消費貸借契約を結び、ご自宅などに(根)抵当権設定登記をします。
    必要な書類     ・権利証

・印鑑証明書(発行後3ヶ月以内のもの)
・その他、金融機関から指示等があります。

司法書士法人鶴屋町合同事務所
〒221-0835
神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-22-3
TEL.045-324-2180
FAX.045-324-1183 
0
0
1
1
6
8
TOPへ戻る